石垣島の絶品グルメ

長寿の島石垣産の黒毛和牛

石垣島の広大な草地と、豊富な水、また、ハワイと同緯度にある島の温暖な気候とそろえるべき条件がすべてそろった、好立地で育てられている石垣牛。黒毛和種で古くから地元の人に愛されて食されてきました。有名になったのは、2000年の九州・沖縄サミットで、晩さん会の目玉として出されたことがきっかけで全国ブランドとなりました。島内には、多くの焼き肉店やステーキ店がありますので、割と手軽に食べることができます。ちょっと変わり種では、石垣牛のにぎりが食べられるお店やハンバーガーとして提供してくれるお店もあります。また、きれいな海や夕陽を眺めながらバーベキューなんていうのも、素敵な旅の思い出になっていいかもしれません。

もちもち麺八重山そば

八重山そばは、基本的には沖縄そばと一緒ですが、多少の違いがあります。縮れていないストレートのとてもこしのある麺です。断面は太くてまるく、もちもちしているけどつるつる食べられてしまうそばです。スープの色は透明な薄茶色です。割と薄味ですが、豚骨だしが麺とよく絡み絶妙です。具はシンプルに、豚肉を醤油で煮た豚角煮と、島かまぼこを細く切ったものがトッピングされています。豚角煮はすこし甘めに煮てあります。ピパーツという島胡椒を入れて食べる人もいます。沖縄そばは、紅ショウガが添えられているもの多いですが、この八重山そばには用いられません。その代わりに島ねぎを細かく切ったものが乗っていて、まさに島づくしのそばなのです。