石垣島の場所ってどこにあるの?

沖縄本島までの距離は、大体東京・大阪間と同じ

石垣島は今や沖縄本島とともにツアー旅行の定番となっている島ですが、名前を聞いたことはあっても正確な位置を知らないという人は少なくないのではないでしょうか。今回は石垣島の正確な位置と本島などからの正確な距離、そして位置に起因する本島との違いについてご紹介します。
石垣島は沖縄県に属する島ではありますが、実は沖縄本島からは南西に430kmも離れた場所に位置しています。およそ大体東京から大阪までの距離が400kmと言えば、いかに沖縄本島から離れているかがわかってもらえると思います。ちなみに台湾島は石垣島から約270kmの場所にあり、沖縄本島よりも近くにあります。飛行機を利用すると、沖縄本島からだと飛行機で約55分、東京から約3時間で石垣島に到着します。

位置が違えば雰囲気も違う、石垣島と沖縄本島の違い

石垣島は沖縄本島よりも台湾島に距離が近い島なので、必然的に島内の雰囲気も沖縄本島とは異なっています。
沖縄本島で有名な料理の一つといえば沖縄そばですが、石垣島では八重山そばという麺料理が親しまれており、香辛料などの点で沖縄そばと微妙な違いがあります。また沖縄本島で使われる琉球方言も石垣島ではあまり使われず、代わりに八重山方言という別の言葉が島民に話されています。
そして台湾との距離の近さは石垣島の風土にも影響を与えています。米軍基地がある影響でアメリカ文化が浸透しているのは沖縄本島と同じですが、石垣島の場合それに加えて中華料理などをはじめとする台湾の文化が島内に多く流入しています。これは戦前台湾が日本に統治されていた時代に、石垣島に多くの台湾人が移住していたことが理由になっています。